地震ニュース

日本地震前兆現象観測ネットワーク 3898  ’17 7/7


①『最新のGPS地殻変動情報』

6月17日迄のデータを使用して7月7日に更新。

各自精査されたし。


②『本日の地震7回』

7日23時25分 父島近海 M4.4

7日21時48分 福島県沖 M4.8 震度4(最大)

7日12時43分 千葉県 M3.7

7日08時41分 青森県 M2.7

7日07時29分 西表島付近 M3.1

7日04時06分 熊本県阿蘇 M3.2 震度2

7日01時46分 福島県 M3.5 震度2


③『本日のEs』

大オープン。

④『松柴情報』

稚内(北海道)

6日 11:45 19:45

7日 00:15から01:45


国分寺(東京)

6日 10:15から16:15 22:30から23:00 23:45

7日 01:15から05:45


山川(鹿児島)

6日 07:15から07:45 09:00 11:15 13:45から16:00

7日 01:15から02:00


大宜味(沖縄)

6日 06:15 07:00から07:45 08:45から14:00

未精査。


⑤『活動度指数』

7月6日の黒点数は16

同、総面積は140

同、f10.7は76

同、地磁気K指数合計は10、最大は2


⑥『篠崎情報(7/ 7 12:29)』

太陽風はやや高速、東端に2665が見えています。


⑦『再掲。4日の村山情報』

地熱は21.1℃に。地電流も呼応して46が36μAに下がった。収束に向かっているのだろうか??

隣県、隣々県は用心に越したことはない。


⑧『検証』

36μA(東西方向)に下がったが収束に向かうのか?

震源の福島県は村山氏宅から真東。それに隣県でもある。

本日、最大の 福島県沖は M4.8(震度4)だった。


⑨『再掲。6日のN嵐情報』

稚内と国分寺。

前者の14.8メガは、でかい。


⑩『検証』

1)前者のでかい14.8メガは…

7/6 23:02 4.9M カムチャツカ半島(信号機さん)


2)後者のでかくない方は…

7日21時48分 福島県沖 M4.8 震度4(最大)


⑪『7日のN嵐情報』

国分寺、 9時頃。

山川は、12時頃。

ほぼ、同規模の「嵐」である。


⑫『梶情報』

8日になってからの電話。

今回は、耳や頭痛ではなく、心拍と血圧の上昇それに、弱いキラキラ光。今までとは位相が異なるようだ。熱中症や体調不良ではない。

気象災害は体感では全く分らないが地震・噴火のたぐいだと思う。

やはり、国内で1週間は要警戒。


⑬『村山情報』

外気温は着実に上昇しているのに2か所の地熱はこの3日間で1.8℃も低下した。

逆に東からの地電流は変動しながら増えてきているという。


⑭『宇宙からの電波』

文明の進化した宇宙人は旧式のアナログAMやFMでコンタクトを求めては来ない。アナログは、遠距離通信には向かない。

必ず、遠距離に飛ぶ、デジタルで発射している可能性は極めて大である。

最近はデジタル通信が増えて、デジタル波を復調出来る通信機が増えている。

紹介した、IC-R8600は新しいデジタル波を受信できる受信機の一つである。

遥か宇宙の彼方から飛んで来るデジタル波を探ってみよう。

太陽系の探査衛星はデジタルで地球にデータを送っている。

土星や木星近辺からAM変調やFM変調で送られても減衰が激しく、雑音量が非常に大きく、全く解読は出来ない。




src="http://news.blogmura.com/news_science/img/news_science80_

15_1.gif " width="80" height="15" border="0" alt="" /></a><br /><a href="http://news.blogmura.com/news_science/ranking.html " target="_blank">にほんブログ

0コメント

  • 1000 / 1000