ja7hoq

記事一覧(329)

地震ニュース

日本地震前兆現象観測ネットワーク 4125 '18 2/25①『再掲。地震ニュースの見方』当ニュースは旧号(バックナンバー)から逆に読んで頂きたい。古い順から見て欲しいのです。連載なので、関連性や連続性があり、前記事(旧号)を見ないと意味が判りません。特に古い、専門用語は数箇所に解説が分散しています。「赤単」や「銀雲電離」「火山性・マグマ性ノイズ」は勿論、「爆縮」「3種混合」「三連音符」「N型・P型電離層嵐」「磁気嵐」「デリンジャー現象」「松明現象」「スペアナの幽霊現象」「虚像」「偽像」「縦型Eスポ」「近距離Eスポ」「極中間圏夏期エコー」「TID」「TEP」 「FAI」「スキャッター」「トロッポ」「G層・H層」「F層遮断」「孫5・孫6ノイズ」「高空放電ノイズ」「地上放射ノイズ」「抑圧効果(ブロッキング)」「二つ玉天秤棒効果」「高気圧合体効果」「ブルージェット他の巨大放電」「太陽バースト」「プラズマバブル」「井戸ラドン」「M情報」「K情報」「N情報」「A情報」等はバックナンバーにあります。 『再掲。地震エッセーの循環』各ブログ(コールサイン、ja7hoqで検索)の冒頭の自己紹介にもありまが、各ブログは、フランクの循環形式を踏襲しています。主題(テーマ=黒点、フレア、磁気嵐、電離層嵐、雑音、縦E、イオノ、黄砂、PM2.5等)が循環して度々、変奏(主題展開部、再現部等)を重ねます。 ③『本日の地震4回』25日23時02分 石川県 M2.3 25日15時20分 静岡県 M2.6 25日11時11分 茨城県 M3.1 25日09時04分 静岡県 M2.5 ④『本日のEs』ノーワッチ不明。 ⑤『10mバンドでは「59」を含めてあり』JH6SDG局長(大分市) > 1・8・9・0エリア、7局OM TKS FB QSO (2/25(日) 19:49 ) JG7JKO〃 (山本郡三種町) > 7L2ONA 59 QSB first QSO TNX (25(日) 17:50 ) JP1DMR〃埼玉県 > 4.5.6エリア各局交信頂きTNX。 ( 2018/2/25(日) 17:6 ) JG0RSN/0〃木曽町モービル > JH6SDG JF6PRY 大分各局59/59 TNX (2/25(日) 16:21 ) ⑥『川原情報』Esの発生は、確認されず、F領fx、TECは概ね静穏な状態でした。⑦『篠原情報(2/25 13:45)』太陽風は平均的な速度に下がり、磁気圏も穏やか、無黒点が続いています。X線グラフも変化はなく、太陽はとても穏やかです。⑧『昨日の大新聞の1面トップの記事は』募金デマ 、デマが生まれ、広がっていたフエーク情報だった。 私は疑い深いのでネット情報は取材源ではない。テレビや新聞、雑誌等も疑ってかかっている。⑨『本日の読売でこれに関連する岩波J新書の広告を見つけた』9頁下欄の岩間書店の広告にである。「その情報、本当ですか?」―ネット時代のニュースの読み解き方 ―(塚田祐之著、900円)ネットやテレビでの膨大な情報から「真実」を読み取るにはどうすればよいのか。若い世代の為の情報リテラシー入門。⑩『温暖化の疑問』そこまで言っていいんかいでこの問題が取り上げられ激しいバトルの火花が飛び散った。面白かった。竹田恒泰氏と3人の論客による「地球温暖化のガチ激論。温暖化の太陽の影響は旧号に多数あり、竹田理論と合致する。サイクル19とサイクル24の比較できる人材は地球上にはもはや存在しない。この落差は、5000CC最新のスポーツ車と50CCの中古バイクの差よりも大きい。サイクル19を知っている理由は電離層を利用する遠距離通信関連の仕事、つまり船舶通信士(外国航路)をしていたからである。クライメートゲート事件で温暖化がフエーク情報だと私は断定できないが、激論の中でこのク事件が何回も出てきた。⑪『クライメートゲート事件とは!温暖化は起きていない』地球温暖化は起きていないのという説も存在する。多くはそれを否定するが、実際に温暖化に疑問を投げかける事件が起きている。地球温暖化の根拠とされるものは「気候変動に関する政府間パネル、通称IPCCのデータである。IPCCは国連環境計画と世界気象機関とが合同で設立した組織で、世界中の専門家が所属し、最も信用のおける情報源とされていた。又、IPCCが5年毎に発表する温暖化報告書は、世界中に温暖化の進行具合や具体的対策の指示を促すものとして役立っている。これだけを聞けばIPCCが素晴らしい機関であるという認識を持つ。事実、IPCCの規模や信頼性は高かったが、2009年を境に雲行が怪しくなった。IPCCがこれ迄、発表した情報の中には嘘が掲載されているとした情報が温暖化懐疑派のHPにアップされた。温暖化の及ぼす影響の発表に際して内容や数字を誇張していたことがリークされたのだ。これをクライメートゲート事件という。そして温暖化に疑問を持つ人間は異端視されて研究資金が凍結されるという事態も起きていたのが明らかになり、温暖化の原因に対する疑問を持つ人が増えるきっかけとなった。これだけのことが判明すればIPCCの信頼だけでなく、温暖化そのものに疑問視されるのは当然かもしれない。a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード  

地震ニュース

日本地震前兆現象観測ネットワーク 4124 '18 2/24① 『本日の地震1回』24日11時43分 福島県沖 M4.5 ②『本日のEs』無。③『川原情報』山川23日 09:00 09:45大宜味23日 06:45から07:15 08:30から08:45 11:15から13:30Ffx、TECは概ね静穏。無精査。④篠原情報(2/24 13:42)』太陽風は500km台を保ち磁気圏の活動も強まっています。⑤『霊感反応』号外の⑦『蛇足』でピンと来た。直ぐに下記を書いておいたのだが…「記」2-7 19:57 現在「CRI」はこの死者の出た大きな台湾地震については触れていない。これは稀有のことである。国内か、北で何か起きたのか??追加)結局、偏屈、狭量な「意趣晴らし」「意趣返し」だった。後日談がこんなにも、噴出した地震は珍しい。そのうち、台湾もそうだが中国の犠牲者の幽霊話が出てきそうである。⑥『案の定、色々あらーな!!』案の定、いろいろ、さまざまがあった。安倍首相までが登場。最後に大新聞のトップ記事にまで発展したのにはいささか驚いた!!次はネット情報だが、触れなかったがこんな、事もあったようである。阿部寛氏が1000万円寄付!台湾地震への支援が芸能界でも広がってた。 2018年2月6日に台湾で起きたM6.4の地震。死者も出ていて日本からも支援の声が広がっています。芸能界でもさまざまな支援や心配を表明し支援をする人が増えています。⑦『本日の毎日、1面トップの記事』台湾地震募金デマ 、募金「届かぬ」拡散6万 投稿男性仰天日本時間7日未明に台湾で地震が発生した直後、テレビ局の呼びかける募金は朝鮮に行く--等とするデマがツイッターに投稿され、丸1日で約6万回リツイート(拡散)された。投稿主は毎日新聞の取材にデマと認め、過去の同趣旨のネット情報を参考にしたと証言した。デマが生まれ、爆発的に広がる過程を追った。【大村健一】 【デマが生まれ、広がっていた経緯は……】 .<「毎日震えてんのか?」など罵倒 謝罪後も顔写真と住所さらされ…> 。<台湾地震募金デマ>投稿男性との一問一答 投稿主の男性は、デマを流す行為と結びつかない。 投稿は、テレビ朝日系列「ドラえもん募金」とフジテレビ系列「サザエさん募金」を<一部しか届かず残りは朝鮮へ>とし、日本ユニセフ協会は<スタッフの収益に大半が消費される>、国内外の難民や被災地を支援するNPO法人ピースウィンズ・ジャパンは<北朝鮮系>などと記述した。名指しされた団体は毎日新聞の取材に、いずれも投稿内容を否定している。 略。投稿後に就寝。朝起きてツイッターに仰天した。「何だ、これ?」。数時間まどろむうちに1万回以上も拡散されていた。リツイートを音で通知する機能は切り、爆発的拡散に気づかなかった。この時点で投稿への反応は疑問と賛同が半分ずつ。<デマだ>との指摘の一方で<そういう裏があったとは知らなかった>や<基本、テレビ局などのマスコミはだめですね>とうのみにする反応も多い。 ⑧『中国でこんな死者も出なかった地震もいちいち取り上げていたのである』台湾の阿里山でM5.5の地震(2017-11-23)』 台湾・嘉義県の阿里山で22日夜、M5.5の地震が発生した。震源の深さは18.5キロ。台北や南部の高雄でも揺れを観測したという。 これまでのところ、被害に関する情報は発表されていない。(鵬、森記者)⑨『しかるにその約30倍に近い大地震、自国民の死者も出た地震は黙殺』2018年2月6日に台湾南部でM6.4が発生。二桁の死者も出た。200人の住民がいる台南市の17階建てビルが倒壊し救急隊や地元住民等によって必死の救出作業が行われ、地震発生後、120人程が救出され、それでも100人以上が閉じ込められて身動きができない状態と当初、報道された。a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード  

地震ニュース

日本地震前兆現象観測ネットワーク 4123 '18 2/23①『本日の地震5回』23日22時10分 長野県 M2.4 23日18時37分 熊本県 M2.4 23日06時20分 紀伊水道 M3.3 23日05時25分 熊本県 M1.8 23日02時34分 山梨県 M3.1 ②『本日のEs』何故か南だけがオープン。地球エネ≪太陽エネは、地球エネ≫太陽エネヘと変わりつつある。③『酒井情報』大宜味(沖縄)22日 11:45から13:0023日 01:30から01:45無精査。Ffx、TECは概ね静穏、地磁気に大きな乱れは無く電離圏は概ね静穏予想。デリンジャーは確認されず、デリンジャー現象は発生しない予想。 ④『情報篠原(2/23 13:01)』太陽風の磁場が強まり磁気圏活動を高めています。速度も高速に変わっています。太陽は、無黒点で穏やかです。⑤『最近1週間の観測値 (NOAA/SWPC)』 2月16日 12 2月17日 12 2月18日 0 2月19日 0 2月20日 0 2月21日 0 2月22日 0 ⑥『再掲。太陽活動度が低いと、低太陽風で地球防衛軍は無力化、寒冷化が一層、促進される』不作による食糧難は必至、過去の悲惨な飢饉の再来が案じられる。タイ米が食えれば御の字。牛、豚、鶏に食わせる餌もなくなってしまう。恵方巻を太陽に向けて祈ろう。食糧の奪い合いの戦争が起きないように!! ⑦『食べ物を粗末にするとバチが当たるのか???(引用元;朝日新聞』食料の無駄遣い!!、恵方巻き、店頭に大量廃棄!!2月3日は節分、この日には恵方に向かってふと巻きをかぶりつく習慣がある。しかし、売れ行きが悪く売残りによる大量廃棄の問題が噴出している。テレビで見た。大容器には恵方巻きやご飯、キュウリ等がギッシリ。破砕機に流れ落ち、呑み込まれる。3日午後、相模原市の「日本フードエコロジーセンター」には恵方巻やそれの具材が大量に運び込まれていた。普段のご飯ものと比べて2倍程の量。ここで処理され、豚の飼料となる。ショックだった。コンビニ等は販売傾向などを考慮して発注しているが、「不足しないよう、工場側は多めに作る必要があり、大量に余ってしまう」という。毎年2月3日には大量の恵方巻きの産業廃棄物が出ている。一方で「ノルマ」の問題も・・・今年もツイートでノルマの本数と共にコンビに名を明かすものが幾つかあった。売れなかったら買取と強要されているような書き込みも。しかし現実はというと、ノルマ自体はなくなっているとコンビ二の親会社は言っている。今から5年前には3日で100本売れと言うノルマもあったが、その後ノルマについて騒がれるようになり、強要できなくなってきているという。しかし、各店は、上から目標を出すように言われているらしく、店長は従業員についノルマらしいことを言っている場合が多いとか。1年のうちで最も稼ぎ時なんて思っているかもしれない。以前スーパーで売っているお寿司の加工会社にいた際、2月2日は大忙し、早朝から準備。お正月とお盆が今まで稼ぎ時だったのが、節分の日も加わった。恵方巻きの中に入っている、胡瓜の農家、桜デンブ、厚焼き玉子、干瓢煮、海苔の会社、そして何故かイナリ寿司まで一緒につけて売りましょうとなると油揚げの会社までが活気づく。だからその関係者は、恵方巻きはなくならないで欲しいと思っている。しかし、作りすぎは禁物。このように大量の食品が捨てられているのを見ると胸が痛む。「もうやめにしよう」…恵方巻き大量廃棄、チラシで異議:212件のコメント略。⑧『お寒い、日本の食料自給率』農水省が発表している日本の食料自給率だが、近年は40%を切る低い数字となっている。人件費の高騰や後継者不足などによる農水産業の衰退や、食の欧米化等によって使用される食材が変わり海外から購入するようになったのが主原因と考えらる。現在は、輸入等で食料としては満たされており、大きな問題はない。しかし世界全体で資源の減少や食糧不足の状況が続いている中で輸入に大きく頼るのは、この先安定して続けられるとは限らない。生活する上でも購入するときに国産のものを選ぶ、使用する食材は有効に使うこと等、食べ物を大切にしながら日本の農水産業を守っていくという事も意識すべき。⑨『ひとごとのような事を言っているが…』部分的な環境変化、天候不順ではなく地球全体に及ぶ寒冷化、日照不足等による大規模な不作、凶作の場合、食糧の生産は激減してしまう。やっと、食うくらいの収穫量では自分が食べないで他人に施す奇特な人間は皆無。即ち、いくらカネを積んでも買うことは出来ないのである。当然、輸入はストップしてしまう。⑩『霊感反応か??』CRI(2-23 )中国、農作物の輪作面積を更に拡大へ。農業省は23日、同じ畑で複数の農作物を周期的に交代で栽培する「輪作」の実施面積を、2020年迄に330万ヘクタールも拡大する意向を示した。 農業省栽培管理局の曾衍徳局長が、記者会見で明らかにした。同局長は、「輪作は、複数の農作物を交代で繰り返し栽培する事により、土地の肥沃化と耕作とうまく結びつけ、農業の持続的な発展を目的とするものである。又、休耕は耕地を養生して農作物の出来高を上げる為に実施、エコな形への転換を進めているところだ。輪作は一昨年から始めており、去年の段階で実施面積は80万ヘクタールに達している」と語った。a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード  

地震ニュース

日本地震前兆現象観測ネットワーク 4122 '18 2/22①『本日の地震5回』22日23時25分 鳥取県 M3.0 22日16時32分 長野県 M2.0 22日13時18分 宮城県沖 M3.9 震度2 22日07時56分 長野県 M3.1 震度3 22日03時08分 浦河沖 M3.6 2/21 23:10 23.40N 121.63E 10 5.0M 台湾(信号機さん)今朝、9時前に、このM 5は起きた。3と関連あり。 ②『本日のEs』南、極小オープン。 ③『川原情報』山川(鹿児島)21日 06:30から06:45 10:30から11:15大宜味(沖縄)21日 12:15F領域臨界周波数、TECは概ね静穏。無精査。追加)沖縄9時、27メガ(手動)に及ぶ、「赤単」、高度約83Km。この電離層は直ぐに消滅した。典型的な「赤単」である。150時間は、警戒級(マル4~5)。若干、F遮あり。④『21日活動度指数』黒点数、総面積は0f10.7は、68でした。地磁気K指数合計は4、最大は1⑤『情報篠原( 2/22 13:16)』太陽風は平均的な速さ、無黒点で穏やかです。放射線帯の高エネ電子は太陽風が落ち着いた為、減少が続いています。⑥『太陽活動の最小期が来ている(Sウエザーコム)』SOLAR MINIMUM IS COMING: Today, for the 5th day in a row and the 23rd day so far this year, the face of the sun is blank. Take a close look at this image from NASA's Solar Dynamics Observatory. Can you find a sunspot?(Answer: "No") The absence of sunspots heralds the approach of Solar Minimum. Sunspot numbers rise and fall with an ~11-year period, slowly oscillating between Solar Max and Solar Min. In 2018, the pendulum is swinging toward a deep minimum expected to reach nadir during the next 2 years. Space weather changes during Solar Minimum: Cosmic rays increase, Earth's upper atmosphere cools and shrinks, and auroras may change color. Indeed, Solar Mimimum isn't nearly as dull as it sounds. Stay tuned.⑦『最後の数行に注目』太陽最小時の宇宙天気の変化に注目!宇宙線の増加、地球の上層大気の冷却、収縮とあるが~この反対の活動期(例えば、サイクル23)の膨張もある。大気が高層迄上昇すると、地球防衛軍は増力される。衛星は、巨大フレアで制御用の電子回路が破壊される。低高度の衛星は空気抵抗が増え、速度が低下、高度が下がり、バタバタと落ちてくる。果して、サイクル25の太陽活動はどうなるのかは、誰も予測できない。活動度が低いと大フレアの発生はなく、低太陽風で地球防衛軍は無力化、寒冷化が一層、促進される。不作による食糧難は必至、過去の悲惨な飢饉の再来が案じられる。グルメ、飽食等は望むべくもない時代が到来するのは間違いない。タイ米が食えれば御の字。牛、豚、鶏に食わせる餌もなくなってしまう。恵方巻を太陽に向けて祈ろう。食糧の奪い合いの戦争が起きないように!!a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード  

地震ニュース

日本地震前兆現象観測ネットワーク 4121 '18 2/21①『最新のGPS地殻変動情報]2月3日迄のデータを使用して2月20日に更新。各自チェックされたし。 ②『本日の地震3回』21日18時10分 十勝地方 M3.6 21日17時21分 福島県沖 M3.9 21日15時13分 宮城県沖 M3.8 ③本日のEs』不明。ノーワッチ。④『酒井情報』稚内(北海道)20日 07:00から07:30国分寺(東京)20日 06:45 08:00から08:30 09:30から10:15山川(鹿児島)20日 10:15から11:00大宜味(沖縄)20日 13:45から14:00無精査。稚・国・山・沖の4か所共、太陽エネの影響あり。但し、エラーあり。F領域臨界周波数は20日の昼過ぎから夕方にかけて東京で高い状態でした。⑤『情報篠原(2/21 13:09)』太陽風は低速になり、磁気圏も穏やかになりました。無黒点で、X線グラフも変化がなく、静かな状態が続いています。⑥『草津白根山に関する情報 第47号(2月21日16時 気象庁地震火山部)』火口周辺警報(レベル3)が継続。今後も噴火の可能性があり、本白根山鏡池付近から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒して下さい。1月23日の噴火後に多発した火山性地震は1月24日以降減少していますが、噴火前に比べて多い状態で継続、火山活動が高まった状態となっており、当面は1月23日と同様な噴火が発生する可能性は否定できません。2月14日以降の火山性地震の発生回数は以下。               火山性地震     14日          2回     15日          2回     16日          8回     17日         12回     18日          4回     19日          4回     20日          4回     21日(15時まで)   2回尚、白根噴火に関するM情報は旧号にあり、又、昨日の霧島山噴火警報は山川イオノの火山性、マグマ性ノイズの警報も旧号にある。⑦『再掲。ビッグイベントの3月11日にDXCCのチェックデスク設置』予定通り21時からオンエアしました。DXCC(DX Century Club)とは、米アマチュア中継連盟が制定した世界中の異なる338のエンティティ(国や地域)の内、100の異なるエンティティとの交信で発行される権威あるアワードであり、その名の如くアワード獲得者はDXCCメンバーと呼ばれる。自分でDXCC申請する場合はとても面倒である。今回、仙台に11日、出張するチェックデスクは、アワード申請がより容易になる。 ⑧『「ドレミ」の7音は虹の色、共感覚、「音楽心、動かす」解明の鍵』昨日の河北夕刊3ページに掲載された。音を聞くと色を思い浮かべる特殊な知覚「共感覚」の持ち主が感じる「ドレミファソラシ」の7音の名前が虹の色に対応しているとの調査結果を、新潟大の伊藤浩介助教(認知神経科学)のチームがに纏め、英科学誌に発表した。メカは不明といい、同助教は「なぜ音楽に心を動かされるのかという未解明の問題に、ヒントを与えてくれるかもしれない」と話す。「ド」は赤、「ミ」は緑、「ソ」は青と「赤・橙・黄・緑・青・藍・紫」等と表現される虹の色とほぼ順序よく対応している事が判明、更に、色は音そのものよりも音の名前との結び付きが強い事を示した。共感覚は脳の知覚に関係する部位の過剰な結合や、言語や文化の影響等が原因とされる。 略。「梶さん」のように共感覚は「音に色を感じる」、「味に形を感じる」といった二つ以上の感覚が結びつく知覚現象。a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード  

地震ニュース

日本地震前兆現象観測ネットワーク 4120 '18 2/20①『本日の地震5回』20日09時41分 京都府 M3.3 震度2 20日03時46分 和歌山県 M2.5 20日02時28分 和歌山県 M2.5 20日02時25分 和歌山県 M2.8 20日01時35分 伊豆半島沖 M3.0 追加)2/19  14:47 5.0M   台湾(信号機さん)②『本日のEs』南オープン。太陽エネが大きいが地球エネも無視できないので要注意。③『10mの「9」の強力信号』JP1DMR局長 埼玉県> JA6MKI 59/59 (2/20(火) 17:50) JL2SPJ 〃> JO6LGW/6八幡西区 59/59 (2/20(火) 17:47) 10581.JL2SPJ〃> JA6SPJ大分市 59/59 (2/20(火) 17:46) ④『酒井情報』Esの発生は確認されず。Ffxは19日の昼過ぎから夕方にかけて東京で非常に高い状態、20日の昼過ぎに沖縄で高い状態でした。TECは19日の昼過ぎから夕方にかけて日本各地で非常に高い状態、20日の昼頃に中低緯度地域で高い状態でした。20日6時現在、電離圏は低緯度の地域で高い状態が続いています。未精査だが非常に高い状態はそうあるものではない。赤丸は4個クラスだが太陽エネを差し引くと半分になる。⑤『篠原情報(2/20 11:49)』高速風が続き、磁気圏も活動的です。高速風の影響で、放射線帯の高エネ電子が増加、赤線のGOES14が、10,000の線に達しています。このグラフが1万に達したのは、2017年11月24日以来、3か月ぶりです。太陽は今日も無黒点で穏やかです。⑥『霧島山噴火警報(2月20日11時40分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台)』えびの高原(硫黄山)小規模噴火が発生するおそれがある。硫黄山火口から概ね1kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒。硫黄山では、昨日(19日)からごく微小な地震を含む火山性地震が増加、昨日は17回、本日(20日)11時迄18回発生。15日以降、浅い所を震源とする低周波地震が時々発生している。 GNSS連続観測では、2017年7月頃から霧島山を挟む基線の伸びが継続していおり、霧島山の深い場所でマグマの蓄積が続いていると考えられる。硫黄山周辺では、活発な噴気活動や熱異常域の拡大及び温度の高まりが認められる等、火山活動が高まっており、小規模な噴火が発生するおそれがあり、硫黄山から概ね1kmの範囲では小規模噴火に警戒。⑦『ハムのビッグイベントの3月11日が近づいてきた。東北復興アマチュア無線フェスティバル新告知』 復興アマチュア無線フェティバルに於いてDXCCのチェックデスクが設置される。これが周知されていないので、明日のハムサロンでQTC&QSPお願い致します。主催者側のホームページ更新がないのでアナウスしてもらえれば助かります。to:JA7HOQ  De JG7MER RE) 了解しました。明日21時からオンエアします。参考)DXCC(DX Century Club)とは、ARRL (米国アマチュア中継連盟)が制定した世界中の異なる338(消滅含まず)のエンティティ(国や地域)のうち、100個の異なるエンティティとの交信で発行される権威のあるアワードであり、その名の如くアワード獲得者はDXCCメンバーと呼ばれる。自分でDXCC申請する場合はとても面倒である。今回、仙台に11日、出張するチェックデスクは、アワード申請がより容易になる。a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード  

地震ニュース

日本地震前兆現象観測ネットワーク 4119 '18 2/19①『本日の地震8回』19日18時49分 茨城県沖 M4.4 震度2 19日15時45分 茨城県 M3.2 19日14時34分 茨城県 M3.5 震度2 19日13時41分 浦河沖 M3.7 19日06時02分 愛知県 M3.5 19日04時03分 茨城県 M3.9 震度3 19日03時35分 豊後水道 M3.9 震度2 19日03時31分 豊後水道 M5.0 震度4(最大) 大きい地震が増えたのはK情報参照。②『のっけから検証』本日の最大は~ 3時31分 豊後水道で M5 震度4③『再掲。昨日のK情報』トリプル(視覚、耳、心拍)。国内で向後1週間は警戒。オヤオヤ!!⑥のイオンと同期(シンクロ)。●警戒級は、M5以上。④『再掲。昨日の沖縄イオノ』継続発生、異常伝搬する場合あり注意確認。上回ったのは、22:00 9.3MHz  22:15 10.3MHz  22:30 9.2MHz  22:45 11.7MHz   23:00 8.8MHz  23:30 8.5MHz  23:45 10.3MHz。定パターン(九州~台湾)で要警戒(M5以上)⑤『再掲。昨日のEs』南オープン。地球エネは大きい。※山川(鹿児島)は、最新のデータが確認できない状態となっています。⑥『再掲。四国・九州59』北海道と四国・九州方面との交信で59あり。これの研究は、まさに「ノーベル賞」クラス。JA7EPB局長青森市~JR5PDV 新居浜 JL8ODJ〃(厚岸町) ~JH6SDG 大分どちらも、「震源」に近い局だが「縦E」発生かどうかは不明。前日に震源付近の異常伝播を伝えてくれるブログは一つもないのは残念である。是非、多数の局と交信をし、リグ、アンテナの性能をアップし、伝搬状態を研究されたし。⑦『再掲。昨日の地震5回』海溝型収束か?? 全て内陸地震、ある意味で要注意。沖合いのブロッキングとラドン「爆縮」は相関関連あり。「ある意味で要注意」とは南海トラフ大地震を含めての意味である。⑧『関東●●●の結果も出ている』18時49分 茨城県沖 M4.4 震度2 15時45分 茨城県 M3.2 14時34分 茨城県 M3.5 震度2 04時03分 茨城県 M3.9 震度3 ⑨『酒井情報』大宜味(沖縄)18日 11:45から14:45無精査。Ffxは19日の昼頃に●●●東京で非常に高く、●●北海道と沖縄で高い状態でした。※山川(鹿児島)は、最新のデータが確認できない状態となっています。TECは、19日の昼頃に●日本各地で非常に高い状態、19日6時現在、電離圏は●日本各地で非常に高い状態が続いています。引き続き今後1日間、電離圏は非常に乱れる状態が予想されます。⑩『18日の活動度指数』太陽エネは弱い。黒点数、面積は0f10.7は、70地磁気K指数合計は19、最大は3⑪『篠原情報(2/19 13:52)』太陽風は600kmに高まっています。磁気圏も活動的です。太陽は、無黒点、X線グラフも変化はなく、とても穏やかです。⑫『~にも関わらず「59」レポが多かった』太陽エネ≪地球エネの証左。深読みの必要性は大。例えば10mでは~JL8ODJ局長(厚岸町) > 0,1,3,5,6,9エリヤ「59」 FBなQSO,15局有り難うございました。 2/19(月) 20:2)6mでは~2/19 19:02 [JR8LRY〃] 50.22 JM1KGA 東京御蔵島村 CW 599 FB2/19 18:19 [JK3QUB〃] 50.21 JE8CZT 道、紋別郡 SSB 59 TNX2/19 18:17 [JI3IJG〃] 50.21 JE8CZT 59 TNX⑬『奇妙な高気圧合体』前日、18時、北朝鮮の26hpaは、豊後水道の震源を目指しSSN方向に35Kmでまっしぐら。21時、日本海を進行中、方向がENEに変わり、M5発生!!今朝9時に北陸沖24hpa、小笠原24hpaに分かれた。昼に北陸沖・小笠原の両24hpaは列島の南で合体、22hpaに減衰した。a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード  

地震ニュース(梶情報)

日本地震前兆現象観測ネットワーク 4118 '18 2/18①『本日の地震5回』18日22時29分 栃木県 M3.0 18日19時01分 福島県 M4.1 震度2(最大) 18日10時56分 茨城県 M2.4 18日10時45分 茨城県 M2.7 18日05時00分 兵庫県 M2.6 海溝型収束か?? 全て内陸地震、ある意味で要注意。沖合いのブロッキングとラドン「爆縮」は相関関連あり。②『本日の最大地震』福島県の M4.1 震度2。 井戸ラドンガス参照。井戸ラドンガス観測は国家的支援・援助で通年連続観測したいが……過去の実績は驚くべき精度だった。クリック音を出すガイガーカウンターの寿命は2万時間である。新品と交換しなければならない。今、使用を開始したのは3本目。即ち、4万時間以上の観測実績があるのである。保守用品種となりとっくの昔、製造は中止されていたが奇跡的に残存新品を発見して入手に多大の手助けを戴いた奇特な読者がおれれる。今でも感謝感謝感謝である。③『本日のEs』南オープン。地球エネは大きい。④『10mで59』昼、夜の北と四国・九州方面との交信で59あり。JA7EPB局長青森市 > 20時12分~JR5PDV新居浜 大岩OM 予期もしない意外なQSOでした。JL8ODJ〃(厚岸町)> JF6PRY/6日出町から59/57QSOTNX (2/18(日) 19:28 ) JL8ODJ〃(厚岸町) > JH6SDG局大分59/59QSO (2/18(日) 18:24 ) ⑤『沖縄イオノ』現在,、継続発生中。異常伝搬で混信する場合あり注意確認。fxが上回ったのは、22:00 9.3MHz  22:15 10.3MHz  22:30 9.2MHz  22:45 11.7MHz   23:00 8.8MHz  23:30 8.5MHz  23:45 10.3MHz。定パターンで要警戒。⑥『川原情報』TECは17日の昼過ぎから夜の始め頃にかけて●中高緯度地域で高い状態。TECは15日も16日も●中高緯度地域で高い状態状態だった。即ち、この3日間だけで「あかまる」は、関東●●●、東北●●●、道●●●と各々3個。要警戒。⑦『17日の活動度指数』黒点数、同面積は0f10.7は69地磁気K指数合計は16、最大3f10.7は69、老人の青息吐息である。100を超えて桃色吐息。女優を妄想するとM.モンローか??先日のHFローバンドの伝播コンディションは寒冷化の証拠。青息吐息は寒冷化の証左。⑧『篠原情報(2/18 13:34)』 高速風が続いています。太陽は無黒点になりました。⑨『梶情報』今回もトリプル体感前兆トリオ。17日、視覚、キラキラ光。16日、視覚は同様、耳に金属音。15日、心拍数が90近く迄上がった、前日も。目でも少々反応。国内、と思われる向後1週間は警戒。尚、視覚前兆は100%.を誇るが、特に、マリアナからの日本海側へ繋がる富士火山帯周辺。オヤオヤ!!⑥と重なっている。a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード  

地震ニュース

日本地震前兆現象観測ネットワーク 4117 '18 2/17①『本日の地震5回』17日22時32分 北海道沖 M3.6 17日21時55分 宮城県沖 M4.2 17日12時50分 浦河沖 M3.9 17日06時38分 宮城県沖 M4.5 震度3(最大) 17日00時13分 茨城県 M3.4 震度2②『再掲、昨日の井戸ラドン』昨夜の計測でクリック音とLED点灯が増えている。3連音符はなかった。カウンターは故障中で実数は不明。推測だが平常時より約15%は増加したと思う。過去の膨大なデータからは、本県(沖)の前兆。大きな地震の場合はラドンは増える。井戸から噴出するラドン瓦斯の密度が濃いと放射線カウンターが連続的にクリックするようになる。これの3連続(3連音符)はその証左である。勿論、濃度に比例してカウントするので単音や2~4連音もあり、通常は散発的に作動(クリック)する。従って、単音、散発音(自然放射線)では地震前兆とは判断しないが、2連音、3連音…は間違いなく深部の応力で地下の岩盤が破壊されて岩石中に含まれている放射性ガスが増加するものと考えられる(過去の膨大なデータの蓄積あり)。個体の放射性物質は多いが放射性気体は唯一、ラドンだけであり、非常に親水性が高く、地下水は非常に信頼性が高い。③『ラジューム温泉、ラドン温泉』放射能温泉は弱い線量なので治癒、健康増進(ホルミシス効果)の働きがある。ラジューム温泉の放射線元は「個体」であり、ラドン温泉は「気体」である。人工の物もあるが自然温泉は、ラドンなら五頭温泉郷等。癌に効くと言われる玉川温泉等はラジュームである。尚、玉川温泉の北投石を放射線カウンターで測ると反応するのが判る。種類によって強弱がある。④『ラドンとは』以下は温泉案内からコピさせて貰った。ラジウム温泉と総称されている温泉には、鉱物から放出される放射線による効能が期待できる温泉と、気体のラドンから放出される放射線による効果が期待される温泉の二種類に分類される。温泉の中に含まれる放射性成分には、ラドン(Rn:222Rn)、ラジウム(226Ra)、ラドンの放射性同位体トロン(Tn:220Rn)、アクチノン(An:219Rn)等が存在するが、日本の放射能温泉としては「ラドン」が主流。ラドンとは、半減期3.825日でα崩壊する放射性のガス成分(気体)。ラドンは自然界に存在する放射能を放出する物質の中では、最も強力なイオン化作用を持つ。⑤『検証』17日21時55分 宮城県沖 M4.2 17日06時38分 宮城県沖 M4.5 震度3(最大) ⑥『地震予知』古くからこの手法を例示し検証でその確実性を証明してきた。どの手法でもよいから、自分で実践されんことを!!東京オリンピックをまじかに控え発生確率率は低く抑えられているが、明日起きてもおかしくない地震が数か所ある。確実と思われる方法で即、実践されたし。大地震で自分は絶対死なないと考えていても神ならぬ身知る由はない。自分はもしかして死ぬかもしれないと悲観的に考えて、備える事が肝要。大きな地震の場合はそれ相応の前兆が必ずある。それをいち早く察知して、避難しておくことだ。⑦『備えは、悲観的に本番は楽観的に』前兆キャッチする方法としてラドン観測を上げたが、ノウハウがある。井戸はコンクリート等で密閉されている事が重要である。深ければ深いほど良い。頑丈なパイプからラドンを導き、上昇してくるガスを下側に放射線カウンターを向けて測定する。上部の開口部には必ず鉛等で囲みカバーする事も忘れてはならない。私は、このブログのおかげで歯医者さん、看護師さんから中古の放射線防護エプロンのご寄付を戴き(感謝)、この重たいエプロンで宇宙放射線、太陽放射線、地球由来の自然放射線、北朝鮮・福島原発から放出されている人工放射線等を除外している。⑧『本日のEs』無。⑨『川原情報』大宜味(沖縄)16日 07:45から09:00 11:45 12:45から13:00TECは16日の夜遅くに●中高緯度地域で高い状態でした。尚、15日も●中低緯度地域で高い状態だった。即ち、この2日間だけで「あかまる」は、関東●●、東北●●、道●●と各々2個。⑩『篠原情報(2/17 14:11)』コロナホールの影響が始まった様です。2699が太陽の西端に達し沈もうとしています。その他に活動的な領域はなく、この後、太陽は静かになりそうです a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード  

地震ニュース

日本地震前兆現象観測ネットワーク 4116 '18 2/16①『本日の地震2回』16日08時48分 奄美大島沖 M3.7 16日07時52分 千葉県沖 M3.2 震度2 ②『本日のEs』沖縄で現在、発生中。異常伝搬によりVHF帯で混信する場合があり注意、確認。2/16 17:30 8.8MHz  17:45 8.1MHz  18:00 10.9MHz  22:00 8.5MHz③『酒井情報』Es無し。日本上空のTECは16日の朝に●●日本各地で高い状態でした。④『篠原情報(2/16 12:31)』 2699は西端に近付いています。X線グラフは特に変化はなく、このまま静かに沈んで行きそうです。⑤『最近1週間の観測値 (NOAA/SWPC)』 2月09日  23 2月10日  35 2月11日  24 2月12日  26 2月13日  20 2月14日  18 2月15日  15 ⑥『井戸ラドン』夜、パソコンの近くでスイッチオンしたがクリック音とLED点灯が増えている。カウンターは故障中で実数は不明。3連音符はなかった。⑦『「しおかぜ」に対するジャミングは北のみだったが…』航空無線ヘのジャミングで成田離着陸の妨害を狙ったものが最近、確認されている。昔からジャミングはあった。アマ無線にもあった。「ハムサロン」が無変調波で妨害された事もあった。妨害は電子音ばかりではなく放送そのものをぶっつけてくる場合がある。かつては強力な「VOA」に対しても中国はジャミングを繰り返してきた。その実態(音声、妨害波形等)は「ユーチューブ」で検索できる。⑧『中朝からの妨害電波 成田の着陸機、遠洋漁業船に悪影響』 中国や北からの妨害電波を巡っては、成田離着陸の航空無線混信を狙ったとみられるものが複数回確認されている。日本政府は中国に対しては直接、排除要請している他、国交のない北に対しては国連の国際電気通信連合に通報するなどの対応を取っている。中国からの妨害電波は、平成28年5月に成田空港の管制塔と航空機が交信する無線に対して発射されたもの等、航空機や船舶の無線混信を狙ったものが多い。無線と同じ周波数の電波が発射されたが、成田空港は、他の周波数に切り替えて航空機と通信し、実害を免れているという。北からも昨年10月、成田の航空無線に対し同様の妨害電波が確認された。又、両国からの妨害電波は、遠洋漁業の船舶無線に対しても混信等の悪影響を及ぼす恐れがある。一方、新監視システムで協力するベトナム、フィリピン、インドネシアの3カ国では、これまで南シナ海を航行する船舶や航空機が妨害電波を受けても「中国が発射源」と特定することは困難だった。しかし、新システム導入で詳細な発射位置の把握が可能になる。(MSN,大坪玲央氏)⑨『受信機は通信型で』地震予知から宇宙人探索迄使えるがやはり感度がものを言う。アンテナは屋外の専用のものを使った方が良い。小型のハンデ―機では画像表示もなく感度はいまいちだ。それに電波時計の低い周波数は受信できない。新聞で「地震・津波・台風情報をキャッチ!」というマルチバンドハンディレシーバー、19800円というの広告を見かけた。「地震・津波・台風等の災害情報をいち早く受信できる防災行政無線搭載。チャンネルメモリー、エリアメモリーの他に自動選局時に、受信不要なチャンネルパスメモリーを設定できる。特定チャンネル(盗聴電波や警察無線等)を受信すると音声ガイドで受信を知らせる」とある。受信できる主なものとしてコードレス電話、盗聴波、航空無線、消防・救急、防災無線、パチンコ無線、レース無線等々、受信エリア毎に主なものを登録済とある。受信するのはよいが電波法の絡みもあり、注意を要する。尚、以前は警察無線は聴けたが現在はデジタル化され簡単には聴けない。a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード  

地震ニュース

日本地震前兆現象観測ネットワーク 4115 '18 2/15①『本日の地震3回』15日19時27分 茨城県沖 M4.0 震度2(最大) 15日17時20分 奄美大島近海 M3.3 15日10時06分 茨城県 M3.2 震度2 参考)14日21時01分 種子島近海 M3.8 2/14  12:01  4.3M 種子島近海(信号機さん)②『本日のEs』無。③『酒井情報』電離層強いEs発生は、確認されず。Ffxは15日の明け方に●稚内(北海道)で高い状態、15日の昼頃に●大宜味(沖縄)で高い状態、TECは15日の朝に●高緯度地域で高い状態、15日の昼頃に●中低緯度地域で高い状態でした。今後1日間、地磁気の乱れに伴い、電離圏も乱れる状態が予想されます。④『篠原情報( 2/15 13:22)』太陽風は低速で、変化は始まっていません。⑤『台湾地震,救助隊の拒否で中国が腹いせ? 「日本チームはさっさと撤退した」と批判』2/15 09:15台湾地震で救出作業のため8日現地入りしていた日本の警察や消防チームが活動を終え、10日に帰国した。チームは生命反応を感知する機器を台湾側に提供するなど救出作業に協力した。10日、倒壊した「雲門翠堤大楼」で新たに中国人旅行客5人の死亡が確認された。同地震で、死者は17人、負傷者は280人以上。建物内に取り残された全員の安否が確認され、ビルは解体される。一方、救助隊の派遣を断られた中国メディアは日本の専門家チームが「48時間足らずでさっさと帰国した」と批判した。地震発生後、中国政府からも、救助隊の派遣を申し出たが、台湾政府大陸委員会は「海外の援助は必要ない」と謝絶した。総統府は日本チーム受け入れの理由は「台湾より高性能な生命探知機があり例外だ」と説明している。台湾政府の対応でメンツ丸潰れにされたと捉えた中国では、メディアは日本チームの活動を「政治ショー」と批判した。更に、倒壊したビルに入らず、機材のみを提供する日本チームの対応をやり玉に挙げた。同地震を取材していた福建東南衛星テレビの葉林青記者はFacebookに「日本の救助隊は危ないとの理由で、探知機を提供するだけで倒壊ビルに入ることを拒否した」と投稿した。更に、「中国の救助隊なら、絶対倒壊したビルに入って活動を行う」と付け加えた。この投稿は中国メディアに転載され、救助隊の派遣をめぐっては「日台政府の政治的演出」と批判の声が上がっている。「現場に入らないなら、なぜ台湾に行くのか」 「日本の生命探知機を受け入れたのは政治的な要素が強い」 日本の専門家チームが帰国の前に、台湾側との写真撮影に応じた際、「笑顔の人もいる。後ろの瓦礫の下にまだ5人の中国人が埋もれている」と批判が殺到している。又、「今回の地震で日本からの義援金は1440台湾ドル(約5340万円)。しかし、熊本地震の時、台湾から6400台湾ドル(約2億3700円)も寄付された。両国の経済力を考えれば差は歴然だ」との日台の友好関係に水を差すようなコメントもあった。このコメントに言及された日本の義援金がいつのデータなのか不明だが、トヨタ自動車は8日、1500万台湾ドル(約5600万円)を支援すると発表した。アクティブユーザーが多いサイト「知乎」で「48時間足らずで撤退した日本チームをどう評価すべきか」とのスレッドで211件の回答はほぼ否定的な意見だ。同スレッドの閲覧ユーザーは95万人。一方、同記者の投稿は台湾メディアにも転載された。台湾市民からは「救助隊が自身の安全確保を優先するのは常識だ」「こういう記事を書いておきながら、なぜ中国が台湾人に嫌われているのかを理解できないといつも言っている。こちらこそ理解できない」「災害まで政治化しようとしている」との反応が寄せられた。更に、台湾メディアは撤退について「現場の救助活動に迷惑をかけたくないから」と日本側の話として報じた。台湾総統府は、フェイスブックに「日本からの心温まるご支援に感謝し、決して忘れることはありません」と投稿、感謝の意を表した。2日間の日程を終えた専門家チーム・原田優団長は10日の記者会見で「残念ながら生存者を引き出すことはできなかったが、救助隊同士の熱いつながり、連携を感じられて、非常に良かった」と語った。(大紀元、2/15 翻訳編集・李沐恩)⑥『7日の予見、蛇足』7日の号外で垣間見た蛇の足は小さかった。しかし、日を追うごとに膨れ上がり今や、巨大な龍!! 九天高く舞い狂っている。背後に潜む大物は三匹!! 複雑怪奇なドロドロ、三つ巴の醜い争いの発端だったのである。メディアの報道の裏は面白い。「号外の蛇足を再掲すると…」2-7 19:57 現在「CRI」はこの死者の出た大きな地震については触れていない。これは稀有のことである。 略。 何か起きたのか??これに気付いたマスメディアは皆無だった。相変わらず鈍感、かつフエークニュースを乱造乱発している。⑦『メンツ丸潰れにされた中国では、日本チームの活動を「政治ショー」と批判した』「政治ショー」ならいつでもどこでも見られる。目を転ずれば「平昌オリンピック」はまさに「政治ショー」北に乗っ取られて「平壌オリンピック」へとねじ曲がった。それにしても平壌のお嬢さん方の応援はすさまじい。平和の祭典、オリンピック中に行った大々的な軍事パレードも変わった政治ショーだった。a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード  

地震ニュース

日本地震前兆現象観測ネットワーク 4114 '18 2/14①『国土地理院の最新GPS地殻変動情報』1月27日迄のデータを使用して2月13日に更新。硫黄島1  35cm。略。各自チェックされたし。②『本日の地震2回』14日21時01分 種子島近海 M3.8 14日11時39分 熊本県 M2.4 ③『再掲。12日の酒井情報』強いスポラディックE層の発生はなかったが…Ffxは12日の昼頃に●山川(鹿児島)、●大宜味(沖縄)で高い状態、TECは、11日の夕方に●中高緯度地域で高い状態でした。又、12日の朝に●中高緯度で高い状態、12日の昼頃に●低緯度地域で高い状態。つまり、全国的には合計●●●●●である。 これをエリア別に分けると~12日F領域fxは●山川(鹿児島)、●大宜味(沖縄)で高かった。11日は●中(関東)高緯度(道)地域で高い。12日は●中(関東)高緯度(道)で高い12日に●低緯度地域(山川・沖縄)で高い。即ち、山川(鹿児島)は●●大宜味(沖縄)は●●中緯度(関東)、高緯度(道)は省略。④『九州は●●』●の多い危険予知は非常に正確だったが、逆に●が少ないときの回数や規模はどうなるかというと~14日21時01分 種子島近海 M3.8 14日11時39分 熊本県 M2.4 それに見合う地震(山川・沖縄=九州方面)はチャンと発生しているのである。過去データから更に分けると、山川(鹿児島)は●●種子島近海 M3.8 大宜味(沖縄)は●●熊本県 M2.4 と判断できる。 大宜味(沖縄)前兆は熊本県と繋がっているのである。旧号にその理由を縷々綿々と書いてある。 余りにも、くどくなるので再掲はしない。⑤『本日のEs』無。⑥『酒井情報』大宜味(沖縄)13日 07:00から07:30無精査。F領域臨界周波数は、14日の未明から朝にかけて●稚内(北海道)で高い状態、TECは14日の朝に●中高緯度地域で高い状態でした。⑦『13日の活動度指数』黒点相対数は20黒点総面積は180f10.7は、76地磁気K指数合計は3、最大は1⑧『篠原情報(2/14 13:43)太陽風は低速です。今後、CMEの乱れが到来しそうです。⑨『蔵王山 その後』レベル2継続。2月9日以降、火山性地震は少ない状態で経過し、火山性微動は観測されていません。火山性地震の回数は以下のとおりです。              火山性地震      5日            7回        6日            4回         7日            1回         8日            2回         9日            0回  10日            0回  11日            0回  12日            0回  13日00時から15時まで  1回⑩『リブログ』ふぇいさん、石本みなこさん、いつもリブログしていただいて有難うございます。おかげさまで読者が増えました。 a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード